約50年前のミニ本棚を柿渋でペイント

部屋の片付けの時にボロっちい引き出し付ミニ本棚が出てきました。

引き出し付ミニ本棚(約50年物)と柿渋(アーテック)あまりにもボロいので捨てようかなと思ったのですが、これも勉強机と同じく約50年物・・・らしいです。
捨てるのはちょっと・・・でもそのままだとボロいから塗装しようということになって、柿渋で塗る事にしました。

トールペイントと違い柿渋は時間の経過とともに色も変わる(濃くなっていく)らしいので、時間がかかる&どんな色になるのか分からない!

そんな訳で色の経過もちょっと見ながらやっていきましょうか。

引き出し付ミニ本棚 柿渋ペイント1日目(2016/9/25)色塗り途中です。
右側の板の内側がまだ色塗り途中。

・・・こう見ると塗ってある所とない所の色の違いがクッキリとしますが、乾くとこんな色はしておりませんでした。
完成時はどんな風になるのかな?
それよりもマダラになってしまいそうな予感。

うん、でも、未塗装よりかは立派になる・・・はず☆(自信なし。)

ちなみに作業&乾燥は倉庫でやっております。

Profile

profile画像「帽子の上にいるわんこ(2017/6/3)」
杉田妙子
生息地:愛知県岡崎市
詳細はこちら

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る