バックタイプのバスケットにお花を付けました

今日は午後から暮らしの学校でオートクチュール・フルール教室です。
本来なら先月の続きをするのですけど、それは一旦置いておいてバスケットにお花を飾ることになりました。

本日の参加者は私を含め4名でした。

用意された材料はバックタイプのバスケット、そして紫のラナンキュラス、ピンクのピオニー(大輪)、ピンクのバラまたはラナンキュラスです。

オートクチュールフルール教室「ロマンチックな花のバスケット」完成紫のラナンキュラスは薄い花と濃い花がありました。濃い花は一つしかなかったので、そちらを取りましたよ。

そうしたら、バックにつけるには色が濃すぎてメチャメチャ合わない。
だからそれは残してピンクのピオニー&バラの二輪で作りました。
(他の人は薄い紫のラナンキュラスを使っておりますよ!)

今日の私は絶好調!?一番に仕上がりましたよ♪
(一番はじめに完成できたのはこれがはじめてかもしれない。)

一番早く終わったので、残った時間は一番新しく入った人に色々教えておりました。
今日はかなり役に立ったよね。

オートクチュールフルール教室「ロマンチックな花のバスケット」全員の作品今日の授業も世間話しながらやっておりましたよ。

・・・全員デザインが違いますね。
私のバッグだけ紫の花が見あたらない。
皆大きなピオニーに苦戦しておりました。

・・・そのピオニーの花びらをバラしてフリルがわりに使うなんて思い付かなかった!
さすがこのクラス随一のアイデアマン(ウーマン)ですね。

オートクチュールフルール教室「余った花は帽子に付けました」家に帰ってから残った(使わなかった)紫ラナンキュラスの使い方が思い浮かびました。
ただしバックにではありません。

水色帽子なら合うなと思い、早速つけてみました。
この色なら似合うよね♪

ボタンの所にワイヤーで巻き付けただけなので、取り外し可能ですよ。

関連記事

Profile

profile画像「帽子の上にいるわんこ(2017/6/3)」
杉田妙子
生息地:愛知県岡崎市
詳細はこちら

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る